受験勉強向きの塾とは

学習塾に通って受験勉強を行なっている子どもは大勢います。 小学生で約40%、中学生で約70%の子どもが学習塾に行っているという調査結果も過去には出ています。 受験対策として、塾に通うことを検討している段階にある家庭も多いでしょうが、塾であればどこに行っても効果的な受験勉強ができるとは限りません。 どういうことかといいますと、塾には補習塾と進学塾の2種類に大別することができます。

どちらも受験対策に役立てることはできますが、授業の内容には大きな違いがあります。 補習塾は復習が中心で、進学塾は予習が中心です。 学校の勉強に付いていけていない状態で進学塾に通うと、進学塾では学校の授業に付いていくことができていて、 基礎学力が十分に身に付いていることを前提にカリキュラムが組まれていますので、進学塾で行なわれている授業にも付いていくことができません。

逆に進学塾に通うだけの実力が十分に付いているのに補習塾に通うようなことをした場合には、その授業の内容では物足りず、お金だけ無駄に支払うということにもなりかねません。 子どもの学力に合った学習塾を選択してあげることが、受験勉強を効果的に行なうためには大切です。 なお、本当に塾に行くことに意味があるのか、家庭学習だけで十分ではないかと疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。 このサイトでは塾に通うことのメリット・デメリットを説明しますので、気になる方は内容をチェックしてみてください。